昨日は概ね注目していた部分(ロングポジションのトレンドライン、ペナント、水平線等)が意識され、イメージしていたペナントをつくりながらのレンジとなった。

ただ、想定よりボラがないところでのレンジとなってしまったため、ラインに沿って指値しておいた707000、713000には刺さらず、1日ノーポジとなった。

こういう時はロットと証拠金を抑えてスキャルをするか、こまめにチャートを確認し、ラインを引き直して指値とLCを入れてシストレするのがよいと感じた。

 

本日は日足が変わる9時前に動くと思ったが、なかなか動かず、10時台に大きく動いた。
余裕のある含み益が出ていない限り寝ポジは持たないルールなので、昨日おいた指値はキャンセルした。そのため刺さらなかったが713000付近でしっかり止まっており、予想は合っていた。しかし、実際にはエントリーできていないため、この部分は考え方や行動を修正してしっかり取っていく必要がある。

今日は10時台のペナント上抜けにより目線はトレンドレスに変わったため、一旦は上から売り叩くことは控え、トレンドラインがサポートとして機能することを確認した上で、逆張りロングのポイントを探る。

エントリーした場合は、短い足でラインブレイクでLC、ターゲットは713000付近、719000付近。

カテゴリー: BTC-FX